2017年06月11日

【対金正恩斬首作戦】超小型バイオ昆虫ドローンを開発か

2017年04月29日

【必見半島有事最新】【KSM】気が付けば北朝鮮 vs 米・日・英・仏・豪連合軍 2017年4月29日

2016年08月30日

【慰安婦捏造大スクープ】吉田清治氏の長男が真相告白

1.PNG

韓国捏造慰安婦で日本を陥れた吉田清治の長男が衝撃告白!
大高未貴の大スクープで韓国・朝日新聞が大崩壊!
【百田尚樹・小川榮太郎】

2016/08/23 に公開

以下は「大高未貴の世界見聞録」から転載
吉田清治の肖像
2016-08-17 22:06:12
テーマ:ブログ
明日発売の「新潮45」に吉田清治の正体を書きました。吉田清治は一体何故、「朝鮮人慰安婦を強制連行した」などという創作話を書いたのか?晩年、創作であったことは本人も認めているものの、その来歴は謎だらけでした。在日朝鮮人を何故養子にしたのか?吉田清治を背後で操っていたある組織とは?慰安婦像の虚しさが浮き彫りになります。是非ご一読を!
3.PNG

【捏造慰安婦関係記事】

【捏造慰安婦記事一覧】

世界の軍事力不均衡の現状と今後の我が国の方向

2016年08月28日

【尖閣消耗戦】海上保安庁 VS 支那テロ船団

イメージ 1
1.PNG

世界最大級の巡視船「あきつしま」海上保安庁に(13/11/28)
2013/11/28 に公開
世界最大級の巡視船が28日、海上保安庁に引き渡されました。尖閣諸島の警備にも活用される予定です。 この「あきつしま」は、全長約150メートル、総トン数は約6500トンで、巡視船としては世界最大級です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
長期消耗戦に最も必要な精神は「忍耐力」であろう。
そして最も必要な環境要素は、「休養・娯楽」であろう。
尖閣諸島付近に停泊し、監視要員等以外は、ゆっくりくつろいで貰いたい。
テロ船団待ちの姿勢で宜しいのではないか。
先は長い健康第一「快食・快眠・快便」で行こう。

乗組員に対して、危険手当・特別手当等の増額をお願いしたい。
また、航空自衛隊にレーザー搭載・無人ジェットファイター編隊の第6世代戦闘機開発(現在進行中)を急いで欲しい。
そして、海上自衛隊にはSLBM搭載用核弾頭の秘匿導入・秘匿推進をお願いしたい。

なお、紙屑日本国憲法の改正を急ぐ必要はないではないか、むしろそのままの方が外交上のカムフラージュ効果がある。戦時態勢に突入の場合は、切り札である「超法規的措置」を採れば良いと考える。

体当たり戦になった場合、テロ船の後方から音波探知式自動操縦型の高性能スクリュー破壊装置の使用が最善の策であろう。(特防秘)
またテロ船の尖閣上陸の直前又は直後、あるいは上陸完了直後、自衛隊が海上警備行動・警察官職務執行を発令することになっている。(元防衛大臣)
更に状況がエスカレートすれば、あるレベルにおいて米軍が介入(事前調整済)
局地総力戦の様相を呈した場合、米軍の支那沿岸部、海空軍基地の攻撃・破壊も想定している。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【関係記事】



●尖閣に600人規模「専従部隊」海保が新設、護衛艦を巡視船とせよ youtube

The world's largest patrol boat 出港する世界最大の巡視船しきしま youtube

退役予定の海自護衛艦 海保巡視船に転用を検討(13/03/05) youtube

20ミリ機関砲発射・巡視船「びざん」 「せっつ」から youtube

【九州南西海域工作船事件】 The Japan Coast Guard received the attack. youtube

尖閣上陸の映像、海保が公開 youtube

【流出】sengoku38 尖閣諸島中国漁船衝突事件3 海上保安官 一色正春 youtube

【流出】sengoku38 尖閣諸島中国漁船衝突事件1 海上保安官 一色正春 youtube

【尖閣諸島漁船衝突事件】漁船衝突後、追跡から拿捕まで youtube

【尖閣問題】ロシアメディアが中国軍に忠告か? youtube



タグ:軍事
posted at 17:21
Comment(0)
カテゴリー:軍事
エントリー:【尖閣消耗戦】海上保安庁 VS 支那テロ船団
2016年08月02日

今日の発見ちゃんねる

posted at 10:22
Comment(0)
カテゴリー:軍事
エントリー: 今日の発見ちゃんねる
2016年07月18日

わが国は東シナ海においてシナと戦闘状態に入れリ!!

イメージ 1



イメージ 3

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【日本列島軍事要塞化論】













極東アジアにおける冷戦構造の再構築が平和維持に急務である。




日本列島の軍事要塞化は、戦争を遂行するためではない。
戦争を好む人間は誰一人としていない。
「戦争反対」と叫ぶのはたやすい。しかし戦争に反対し戦争を防止するために我々は何をなすべきかを熟考すべきである。



結論として戦争勃発を未然に防止するために必要な抑止力を持つことである。



世界における戦争勃発の防止は、実際のところ、軍事力の均衡による抑止力に支えられてきた。
そして、この抑止力は外交交渉を可能にし、平和維持に貢献してきたことは冷厳な事実でもある。


日本列島の軍事要塞化には、極東アジアにおける冷戦構造の再構築に必要であり
以って、極東アジアにおける軍事力の均衡を計るものである。


以上のことを念頭に述べるならば

わが国の軍需産業の育成・拡大は極東アジアの平和に寄与する


 軍需産業とは軍隊で需要があるものを、製造したり軍隊に対して販売したりすることで、利潤を得ている企業群の総称である。
軍需産業が生み出す製品は多岐に及んでおり、軍隊が戦闘時に用いたり戦闘に備えて配備する兵器・銃器類やそれらで使う弾薬や軍用電子機器、また地雷、手榴弾など、また軍服や兵士が用いる様々な装備など、他にも軍隊が日常業務で使う資材、毛布、燃料、食料などの、多様な製品を生産・販売する産業部門のことである。

最新の情報通信技術のような「新兵器」が生み出せる技術を持った企業が急成長する産業でもある。

極東アジアにおける今後の軍事の動向は、中国など特亜独裁国家と民主主義国家との領土の帰属を巡る熾烈な戦いが否応なく予測される。

自由主義陣営・民主国家に属するわが国は、歴史を逆行し、人間性を奪う独裁国家に対するこの戦いを一方的に拒否できる状況にはない。

極東アジアの平和維持は、軍事力の均衡を維持することにより、当面冷戦構造下における平和維持に負うところが大である。

ここに、わが国軍需産業の育成・拡大の意義がある。

また軍事技術は、コンピューターをはじめ数々の先端技術を生みだしてきた。
世界屈指のハイテク技術立国であるわが国には、まさに似合いの産業であり、好むと好まざるに拘わらず救国の一撃でもある。

よって、わが国の軍需産業の育成・拡大は極東アジアの平和に寄与するのである。

蛇足ながら、軍事技術の質の高さは、我々の生活費必需品に生かすことができ、結果として、我々の日常生活をより快適な方向に導かれるのである。



【関係記事】  



2016年05月17日

最新南シナ海攻防戦

posted at 08:55
Comment(0)
カテゴリー:軍事
エントリー:最新南シナ海攻防戦
2014年08月02日

軍事学の参考としまして次をご覧ください。

軍事学の参考としまして次をご覧ください。

posted at 11:24
Comment(0)
カテゴリー:軍事
エントリー:軍事学の参考としまして次をご覧ください。
2013年07月26日

【日本列島軍事要塞化論】 わが国の軍需産業の育成・拡大は極東アジアの平和に寄与する

【日本列島軍事要塞化論】
極東アジアにおける冷戦構造の再構築が必要である。

日本列島の軍事要塞化は、戦争を遂行するためではない。
戦争を好む人間は誰一人としていない。
「戦争反対」と叫ぶのはたやすい。しかし戦争に反対し戦争を防止するために
我々は何をなすべきかを熟考すべきである。

戦争勃発を未然に防止するために必要な抑止力を持つことである。

世界における戦争勃発の防止は、実際のところ、軍事力の均衡による抑止力に支えられてきた。
そして、この抑止力は外交交渉を可能にし、平和維持に貢献してきたことは冷厳な事実でもある。

日本列島の軍事要塞化には、極東アジアにおける冷戦構造の再構築に必要であり、以って、極東アジアにおける軍事力の均衡を計るものである。

以上のことを踏まえるならば、次のとおり「わが国軍需産業の育成・拡大」もやむを得ない。

わが国の軍需産業の育成・拡大は極東アジアの平和に寄与する
 軍需産業とは軍隊で需要があるものを、製造したり軍隊に対して販売したりすることで、利潤を得ている企業群の総称である。
軍需産業が生み出す製品は多岐に及んでおり、軍隊が戦闘時に用いたり戦闘に備えて配備する兵器・銃器類やそれらで使う弾薬や軍用電子機器、また地雷、手榴弾など、また軍服や兵士が用いる様々な装備など、他にも軍隊が日常業務で使う資材、毛布、燃料、食料などの、多様な製品を生産・販売する産業部門のことである。

最新の情報通信技術のような「新兵器」が生み出せる技術を持った企業が急成長する産業でもある。


 極東アジアにおける今後の軍事の動向は、中国など特亜独裁国家と民主主義国家との領土の帰属を巡る熾烈な戦いが否応なく予測される。

自由主義陣営・民主国家に属するわが国は、歴史を逆行し、人間性を奪う独裁国家に対するこの戦いについて、「戦争反対」と一方的に拒否できる状況にはない。

極東アジアの平和維持は、軍事力の均衡を維持することにより、当面冷戦構造下における平和維持に負うところが大である。

ここに、わが国軍需産業の育成・拡大の意義がある。


 また軍事技術は、コンピューターをはじめ数々の先端技術を生みだしてきた。
世界屈指のハイテク技術立国であるわが国には、まさに似合いの産業であり、好むと好まざるに拘わらず救国の一撃でもある。


よって、わが国の軍需産業の育成・拡大は極東アジアの平和に寄与するのである。


蛇足ながら、皮肉なことに軍事技術の質の高さは、我々の生活用品に生かすことができ、結果として、我々の日常生活がより快適な方向に導かれるのでもある。


【関係記事】  
自動増殖リンク集:アクセルリンカー