2019年02月20日

就寝時における腰痛対策/腰を伸ばす/ベッド/枕

腰痛3.GIF












【就寝時における腰痛対策】腰を伸ばす/ベッド/枕

●布団を棒状に丸めて、両足を乗せて、膝を曲げ、丸めた布団を挟むようにして寝る。(上向き)

寝るときは、このようにして、10分〜20分ほど横になっていると腰が伸びます。

回復初期で、昼間に腰痛ベルトをしている場合、寝るときは必ず外すようにしてください。

四六時中、装着していると、腹筋が衰え、段々と腰に力がなくなってきますし

また、便秘になりがちになったり、逆に下痢になったりします。

気を付けなくてはいけないことは
そのまま眠り込んでしまうことです。
寝返りをうったとき、腰を捻ってしまいます。

●マットレスは、気にならない程度の硬めが良いです。

身体が埋まるほど、柔らかいものは
起床時に
腰が重たるかったり、違和感があったりすることが多いです。
お尻の部分がマットに沈み込んで、腰を圧迫しがちになるからです。

眠っている間に、腰が伸びるマットもあります。

自分で作ってもいいです。
直径2センチほどの竹を、何十本か用意します。
20〜30本ぐらいあれば、足りるかな?
30本用意すれば十分です。
そして、ベッドの横幅の長さに合わせて、切り揃えます。
その竹をベッド風に並べて揃えます。
竹の両サイド、やや内側を、ひもで順次括っていきます。
マスキンテープを、サッと貼り付けてもいいんですけどね。
固定できればいいんです。

これで竹のベッドが出来上がりました。
しかし、このままで竹の上に寝るのは、寝づらいですから
先ず、シーツを敷いて
薄めの敷き布団をシーツの上に敷きます。
それでも、硬くて寝づらいようでしたら
適度の厚さの敷布団にします。
まだそれでも、寝づらいと思いますが。
慣れると、眠れるようになります。
さてこれで、眠っている間に、腰が伸びるベッドが出来上がりました。
寝てる間に、腰が伸びるなんて素晴らしいですね。
起床時サッと起きて、立ち上がれるか否かで
その効果が分かります。

かなり以前は、このような腰が伸びる竹製のベットがありました。
今あるのかどうか?
もっと腰にいいものがあるかとも思います。

田舎住まいでしたら、そこらに竹はいくらでもありますが
都会では手に入れにくいですね。

●枕は高さで、使い分けします。
少し高めの枕は、首筋が伸びて気持ちがいいです。
頭を左右に適度に動かすと、肩のコリがとれて熟睡しやすくなります。
首は細かな神経組織が集中しているところですから
ここを、このように揉みほぐすことで眠りを誘います。
腰痛でマッサージを利用したときなど
腰のマッサージをする前に、首筋のマッサージをする場合がありますね。
身体各部位相関で良いんでしょうね。
実際のところ
首部は胴体腰部に神経が繋がっていますからね。

ただし、高めの枕は、眠ってしまって、寝返りをうった時に
腰を捻ったりしますから
眠る直前に、必ず、低めの枕に換えます。
高めと低めの枕を並べておいておけば便利です。

以上です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。