2019年02月19日

腰痛予防/卓球(ピンポン)について/

腰痛3.GIF












【腰痛予防と卓球について】

腰痛とスポーツを何か選んでしようとするとき
すべてのスポーツは、諸刃の剣となることが分かっています。

つまり、やり方によって、毒にも薬にもなるからです。

卓球に絞り込んで
このことを考えてみると

・卓球もスポーツの一つであり、勝負の世界に属するということです。

一方、手軽にできるスポーツでもあり、ホテルや温泉にも娯楽として置いてあります。

しかし、勝負が絡んでいることから
勝つという気持ちが強くなると
無理な姿勢や、ありったけの力を投入してしまいがちです。

腰を思いっきり捻りながら
「えい、やあ〜」と気合を入れて、打ち込んだ瞬間
腰に「ピリッ」と痛みを感じることになりかねないです。

回復は遅く、アッという間に再発は、突然早くやってきます。
一からやり直しでは、辛いですね。

腰痛持ちが、卓球を始める段階としては、概ね日常生活に支障がなくなった時期が良いのではないかと思います。

卓球も冷静沈着、自己制御が求められます。
そして、「自分は、ここまでなら大丈夫」と自信が持てるレベルをわきまえて臨むことです。

プロの卓球選手の試合を見ると
打ち込んだ瞬間にも、肘が直角になっています。

また、足のほうを、前後左右とよく使っています。

このことは、腰痛持ちにとって、日常生活における転倒防止に役立ちます。

肘を直角にして、打ち込むことで、弾のスピードが加速されます。
同時に腰のひねりを少なくして
素早く
戻ってくるかもしれない弾に対して、これを受ける基本姿勢に戻っています。

腰のひねりを少なくすることは
かなり参考になりますし
また、卓球が上達するための動作までも、拾い物みたいに学べて、一石二鳥ですね。

次の動作に素早く移行するために、あくまで安定した基本姿勢をできるだけ崩していないです。

しかし
プロに学ぶ必要はないわけで、卓球をやる目的が違うわけですから。
たまたま良かった、って感じです。
テニスと比べても卓球は疲労度がかなり違い、軽いです。
軽い打ち合いの基本練習から始まりますから、準備運動は省略しても良いくらいです。

●勝負にこだわるな!
●夢中になるな!
●腰を捻るな!
●自分の可能な範囲で動け!

これが卓球を始めるにあたっての、腰痛持ちに対する心構えと考えています。

市町村には、卓球グループが多くある現在、楽しいですよ。
ジワジワっと、汗が出てくると、嬉しいものです。
動的視力の向上も見込めます。
日常生活で使わない筋力を徐々に高めます。
運動神経が大いに磨け、他のスポーツをやるにしても、知らず知らず応用がききやすく溶け込みやすいです。
また卓球は、プロでも本番で実力を発揮できないスポーツといわれ、精神面でも良いと思います。

上達するにしたがい、自分専用のラケットが欲しくなります。
ドライブやカットはラケットでかなり違います。

以上です。



posted by 山辺の里 at 17:32| 腰痛予防/卓球(ピンポン)について/ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。