2019年02月18日

腰痛予防における靴や履物/選び方/ポイント

腰痛3.GIF












●かかとの低い靴を選ぶ。
かかとの高いものは、腰への負担が増すことが分かっています。
またバランス感覚に欠け、転倒しやすいです。

●サイズは、やや大きめのものを選ぶ。
足は冷えやすく、寒い時は、厚手の靴下を履くことができます。
靴下を2枚履いて、その間に「衣類に貼るカイロ」を貼っておけば、なお効果的です。

●ハイキングや一寸した山登りのときなど、山道を歩くときは
安全第一で、やや重みのある靴底が頑丈なものを選びましょう。
つま先のほうも硬いものが良いです。

登りはまた別の筋肉を使うので、
適度であれば
足腰の鍛練に効果的です。
50分登り、10分休憩とペースを作り
リズミカルに上りましょう。

いざという時の消毒薬や包帯も必要ですね。

休憩がながくなると、歩くのが嫌になることがあります。

準備体操と整理体操をお忘れなく。
これは、やった方が宜しいのではないかと思います。
車で言えば
「ロー発進でスタート、ロー発進で停止」

以上です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。